ふるさと納税でジェラートピケをもらって節税するまでの全手続き

福島県の南相馬市という自治体が運営している noma-style というふるさと納税サイトがあります。ファッションブランドが豊富にライナップされているのが特徴で、gelato pique(ジェラートピケ)やSHIPS(シップス)、マンハッタンポーテージなどの返礼品がもらえます。

ここでは実際に noma-style を使って、ふるさと納税をして、返礼品(今回はジェラートピケ)を受け取り、節税するまでのやり方を説明していきます。

ふるさと納税に興味はあるけど、ふるさと納税のやり方が分からない場合は「ふるさと納税のはじめ方、メリット・デメリット、実際の手続きを徹底解説」を参考にしてみてください。

noma-style の特徴

公式サイト → noma-style.com

noma-style の最大の特徴はファッションブランドやベビー用品、キッチン用品などが充実している点です。中でもひときわ人気が高いのがジェラートピケです。

ジェラートピケ外観

ジェラートピケは、モコモコふわふわの可愛いルームウェアを展開するブランドで、可愛い色合い、なめらかな肌触りで女性に大人気となっています。男性は知らない人も多いですが、メンズやキッズ、ベビーの商品もあります。

ジェラートピケ店内

ル・クルーゼやエルゴベビーも手に入る

noma-style はジェラートピケのようなファッションアイテムだけでなく、ベビー用品、キッチン用品も豊富です。

鋳物ホーロー鍋の人気ブランド「ル・クルーゼ」や抱っこひもで人気の高い「エルゴベビー」もあります。2018年5月時点の取扱返礼品は以下のとおりです。

  • ジェラート ピケ
  • ル・クルーゼ
  • バーミキュラ
  • エルゴベビー
  • ダッドウェイセレクト
  • エアバギー
  • エアバギーフォードッグ
  • ベビーゼン
  • サイベックス
  • ブリタックス
  • ジービー
  • バンボ
  • ロディ
  • ディズニー キディア
  • ディーゼル キッズ
  • カドルミー
  • ジェリーフィッシュ
  • 聖林公司
  • シップス
  • ハンター
  • コールマン
  • カリマーSF
  • マンハッタンポーテージ
  • ジョンマスターオーガニック
  • エルバビーバ
  • プライベートスプーンズクラブ
  • フライトワン
  • メンブラーナ
  • プラスマイナスゼロ
  • メゾン ド リーファー
  • おつつみ
  • 杜仲の青汁
  • ストリーマーコーヒーカンパニー
  • ハーニ―&サンズ
  • マーク&ロナ

支払い方法は郵便振替と銀行振込に対応

noma-style での支払いは支払方法は郵便振替と銀行振込に限られます。クレジットカードでの支払いは2018年5月時点で導入検討中となっています。支払いに一手間かかるのは残念です。

クレジットカード決済

寄附履歴や配送状況などマイページ機能が充実

noma-style は他のふるさと納税サイトと比べて、マイページ機能が充実しています。寄附履歴の確認は当然のことながら、配送状況やメール配信履歴も確認もできます。

寄附履歴

メール配信履歴の件名を開くと、メール本文が表示されます。いちいちメールを開かなくてもメールの内容を確認できるのは便利です。

メール配信履歴

noma-style でふるさと納税をして節税するまでの手順

以下から実際に試しながら説明していきます。

Step.1 ふるさと納税できる金額を確認する

ふるさと納税は寄附金のうち2000円を除く全額を所得税や住民税から差し引く仕組みです。そのため、納めている税金に比例して、ふるさと納税できる金額が多くなります。たとえば、独身の会社員の場合、年間の上限額は以下のようになります。

  • 年収300万円 → 2万8000円
  • 年収400万円 → 4万2000円
  • 年収500万円 → 6万1000円
  • 年収600万円 → 7万7000円
  • 年収700万円 → 10万8000円
  • 年収800万円 → 12万9000円
  • 年収900万円 → 15万1000円
  • 年収1000万円 → 17万6000円

ふるさと納税できる金額は家族構成によっても変わってきます。正確な上限額を知りたい人は「ふるさと納税額の上限額を計算する方法、2000円で済む寄附金額の目安」に記載しているので参考にしてみてください。

Step.2 noma-style に会員登録する

ふるさと納税できる金額を確認したら、会員登録を行います。会員登録することで、ふるさと納税の申し込みを簡略化できたり、寄附の履歴を管理できるようになります。会員登録は無料です。

公式サイト → noma-style 新規会員登録

利用規約

利用規約を確認して「同意して会員登録へ」をクリックします。

利用規約

新規会員登録

会員情報の登録ページが開くので「お名前(姓・名)」「お名前(カナ)」「郵便番号」「都道府県」「市区町村」「番地・ビル名」「メールアドレス」「電話番号」「パスワード」「パスワードを忘れた時のヒント」「性別」「生年月日」を入力して「確認ページへ」をクリックします。

新規会員登録

登録内容の確認

入力に間違いがないかを確認します。間違いがなければ「送信」をクリックします。

登録内容の確認

仮登録の完了

入力したメールアドレス宛に本登録用のメールが届きます。

仮登録の完了

会員登録のご確認

noma-style.com から「会員登録のご確認」というメールが届いたら、メールの中にある認証用のリンクをクリックします。

会員登録のご確認

本登録の完了

これで準備完了です。

本登録の完了

Step.3 noma-style でふるさと納税を申し込む

noma-style.com では「性別」「寄附金額」「ファッションやビューティーといったジャンル」から目当ての返礼品を探せます。ひときわ人気があるのはフワモコ素材で着心地よいジェラートピケです。

公式サイト → noma-style.com

ほしい返礼品が見つかったら、ネットショッピングをする感覚でカートに入れて「寄付を申し込む」をクリックします。今回はジェラートピケの「ジェラート2ボーダーパーカ」を選んでみました。

ジェラート2ボーダーパーカ

マイカート

マイカートが開いたら「寄付額を確定し寄付の使い道の選択へ」をクリックします。

マイカート

寄付の使い道選択

次に「寄付の使い道を確定し返礼品の配送先選択へ」をクリックします。

寄付の使い道選択

会員登録を行ってない場合はログイン画面が表示されます。会員登録しないでも寄付できますが、会員登録した方が、ふるさと納税の手続きや履歴管理が楽です。

ログイン画面

配送先・お支払い情報

会員登録しておくと、配送先が入力された状態になります。支払方法を選択して「配送先・支払方法を確定し申請者情報入力へ」をクリックします。

配送先・お支払い情報

ふるさと納税申請情報

会員登録しておくと、申請者情報が入力された状態になります。寄付証明書の必要有無やアンケートを入力して「ふるさと納税申請情報を確定し確認画面へ」をクリックします。

ふるさと納税申請情報

内容確認

入力に間違いがないかを確認します。間違いがなければ「寄付を確定」をクリックします。

内容確認

受付完了

これでふるさと納税の申し込みは完了です。

受付完了

申し込みが完了すると「【noma-style】ふるさと納税の寄付を受け付けました」というメールが届きます。

受付完了メール

ふるさと納税の履歴はマイページでも確認できます。

寄付履歴

Step.4 寄附金を支払う

noma-style での支払いは支払方法は2018年5月時点で「銀行振込」と「郵便振替」に限られます。

今回は「銀行振込」を選んだので、指定の銀行口座に寄付金を振り込みます。振込が確認されると「【noma-style】 ふるさと納税寄付の振込を確認しました」というメールが届きます。

振込確認メール

Step.5 返礼品が到着する

ふるさと納税の申し込みから2週間ほどで返礼品が届きました。どのくらいで届くかは、自治体や返礼品の内容によって異なります。人気のある返礼品では3ヶ月以上待つこともあります。

返礼品の外箱

今回申し込んだものは、ふるさと納税限定の商品ですが、ジェラートピケのパーカは公式サイトでは約7,000円程度で販売されています。

返礼品の内容物

ふんわりとした触り心地で、頬ずりしたくなるような柔らかさです。最近ではメンズシリーズであるジェラートピケオムも注目されています。

ジェラートピケボーダーパーカ

Step.6 確定申告またはワンストップ特例を申請する

ふるさと納税で税金の減額を受けるには、確定申告やワンストップ特例制度の申請が必要です。確定申告は翌年3月15日までに、ワンストップ特例は翌年1月10日までに申請書を提出します。

確定申告を行う場合

住宅ローン控除や医療費控除、株の損益通算などふるさと納税以外で確定申告をする人やふるさと納税をした自治体が6つ以上の場合、ワンストップ特例制度は利用できません。

確定申告の際に自治体から届く「寄附金受領証明書」を添付して提出します。noma-style では、寄附金を振り込んでから1週間ほどで届きました。

寄附金受領証明書

所得税は早くて4月ごろ、銀行口座に入金されます。住民税は6月天引きの住民税から、ふるさと納税分が減額されて天引きされます。

ふるさと納税をしたら確定申告を!確定申告書等作成コーナーの使い方
さとふるカンタン確定申告の使い方、ふるさと納税の確定申告が5分で完了

ワンストップ特例制度を利用する場合

1年間のふるさと納税の寄附先が5つまでで、確定申告をする必要がない人はワンストップ特例制度を利用できます。特例の適用を受けるには、ワンストップ特例制度の申請用紙を記入して、マイナンバーカードと一緒に寄附先の自治体に提出します。

ワンストップ特例制度を適用した場合は所得税の還付はなく、すべて6月天引きの住民税から、ふるさと納税分が減額されます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳細と手続き方法

noma-style はファッションブランドが充実したサイト

最後に noma-style の基本情報についてまとめます。

運営会社 noma-style
(福島県南相馬市)
掲載自治体数 1
クレジットカード決済 ×
スマホ対応
マイページ機能
一括申込機能
レビュー機能 ×
特徴 ファッションブランドが充実している

noma-style は申し込み画面もシンプルでネットショッピング感覚でふるさと納税ができるように配慮されています。もちろんスマホにも完全対応しています。

ジェラートピケなどの人気のある返礼品はたびたび品切れになるので、気に入った返礼品を見つけたら、早めに確保しておくのがおすすめです。

支払い方法が「銀行振込」と「郵便振替」に限られるのが痛いところですが、今後のクレジットカード決済導入に期待したいと思います。

公式サイト → noma-style.com

ふるさと納税サイトの使い方ガイド

ふるさと納税はポータルサイトで行うのが簡単で楽です。ふるさと納税を申し込めるポータルサイトは10社以上あります。それぞれの特徴から自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの返礼品と選び方ガイド

数十万点の返礼品の中からおすすめの返礼品を当サイト管理人がピックアップして紹介しています。どの返礼品を選べばいいのか分からないときは参考にしてみてください。

おすすめの返礼品と選び方ガイドの続きはこちら

おすすめのふるさと納税サイト

ふるさと納税は基本的に、ふるさと納税のポータルサイトを通じて行うことになります。どこのサイトも同じと思ってしまいがちですが、それぞれ独自の特徴があります。

おすすめNo.1 さとふる

ネットショッピング感覚でふるさと納税ができるサイト。マイページ機能が充実していて、寄附履歴や返礼品の配送状況などが確認できます。電話で問い合わせができるコールセンターもあり、東京浅草の商業施設・まるごとにっぽんには「ふるさと納税コンシェルジュ」というふるさと納税の実店舗もあります。

公式サイト → さとふる

おすすめNo.2 楽天ふるさと納税

ふるさと納税の寄附が楽天市場での買い物と同様の扱いになり、楽天スーパーポイントが付与されます。スーパーポイントアッププログラム(SPU)も対象となるので、楽天カードだと5%以上のポイントを獲得できてお得です。寄附金にポイントを利用することも可能です。

公式サイト → 楽天ふるさと納税

おすすめNo.3 ふるなび

ふるなびは電化製品や商品券・ギフト券の取り扱いが多いのが特徴です。ふるなびグルメポイントというサービスもあり、寄附金額の30%分のポイントがもらえ、1ポイント1円として指定の飲食店で利用できます。また、2017年11月以降、寄附金額に対して1%のAmazonギフトコードがもらえるようになったのも大きなメリットです。

公式サイト → ふるなび

おすすめNo.4 ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは寄附申込累計が1500万件を超える日本最大級のふるさと納税ポータルサイト。全国1788すべての自治体の情報が掲載されていて、うち1329自治体はクレジットカード決済に対応しています。ふるさとチョイス限定の返礼品もあります。

公式サイト → ふるさとチョイス

番外編 noma-style.com

noma-style は福島県南相馬市が運営するふるさと納税サイトです。ファッションブランドのラインナップが豊富なのが特徴です。モコモコとした気持ちの良い肌触りのルームウェアを展開する「ジェラートピケ」やシンプルでお洒落なデザインの「プラスマイナスゼロ」の家電などが戴けます。

公式サイト → noma-style.com

番外編 ANAのふるさと納税

ANAのふるさと納税は寄附金100円につき1ANAマイルが貯まるので、ANAマイルを貯めている人におすすめのサイトです。支払いはクレジットカードのみで、Tポイントを支払いに充てることができます。とりわけ宿泊券が豊富にラインナップされています。

公式サイト → ANAのふるさと納税