宮城県のふるさと納税は海の幸・山の幸が満天!おすすめ返礼品特集

東北地方の南東に位置する宮城県は、東北地方の政治や経済の拠点となる県です。

宮城県は水産業や農業が盛んに行われており、また、伊達文化の影響で発達した食文化など、魅力的なグルメもいっぱいあります。

宮城県が提供している人気のお礼品、オススメのお礼品を集めました。寄附先を選ぶときの参考にしてみてください。

牛たん焼の名店の味が楽しめる!利久 牛たん詰合せ

(参考:[№5704-0086]利久 牛たん詰合せ| ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県岩沼市
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県岩沼市
内容量
  • 牛たん110g×1
  • さきっちょ牛たん切り落とし100g×1
  • おみ漬け100g×1
  • 南蛮味噌40g×1
消費期限 製造日より180日
発送方法 クール便(冷凍)
発送時期 順次発送
提供元 株式会社 利久
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

50店舗を展開する牛たん専門店「利休」は、手作りにこだわり、厚切りの牛たん焼きを全国に提供してきました。岩沼市からは名店・利休の牛たん詰め合わせが届きます。

仙台牛たんは、戦後に仙台市の飲食店で「牛たん焼」「牛たん定食」として提供され、地元の味として定着した仙台名物です。

たんは、牛の舌を丁寧に処理してスライスしたもので、あっさりした旨みが人気です。焼き肉店では薄切りで塩こしょう・レモンで食べる塩たんがおなじみですが、仙台牛たんは厚切りで塩味のほか、醤油だれや味噌だれに漬け込んだものも多くなっています。

利休の牛たん詰め合わせは、定番の厚切りにした塩味の牛たんと、仙台味噌味の切り落とし、牛たん定食に欠かせない2種類の付け合せが入っています。

フライパンか焼き網で焼くだけでジューシーな牛たん焼きが味わえます。ご飯と一緒に「牛たん定食」スタイルでどうぞ。

▼詳しくはこちら
[№5704-0086]利久 牛たん詰合せ -ふるさとチョイス

シェフも絶賛!三塚牧場の仙台牛 サーロインステーキ 200g×2枚

(参考:三塚牧場の仙台牛 サーロインステーキ 200g×2枚 | さとふるより)

寄付する自治体 宮城県登米(とめ)市
対象寄付金額 40,000円
原産地 宮城県登米市
内容量 サーロインステーキ200g×2枚
賞味期限 冷凍で30日
発送方法 クール便(冷凍)
発送時期 申込みから10日程度
提供元 三塚牧場
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から1ヵ月程度

ぜいたくに仙台牛を味わうなら、牛肉の旨みが最も堪能できるサーロインステーキがおすすめ。

宮城県北部の登米市にある「三塚牧場」からは、シェフも絶賛している仙台牛のサーロインステーキが届きます。

「仙台牛」は、黒毛和牛の中でも最高級品として知られるブランド牛。宮城県内で飼育された黒毛和牛のうち、枝肉の取引規格が最高レベルのA-5またはB-5に格付けされた肉牛のみ仙台牛として流通します。

仙台牛の特徴は、肉質が柔らかくてジューシー、赤身と脂肪のバランスが良く、風味がまろやかなところです。

三塚牧場は、牛のストレスを減らしながら飼育し、自家産のモチ米や秋田杉から出る粉スミを与えるなど食べ物にこだわって、安全で健康的な牛を生産しているので、最高な状態でお肉がいただけます。

三塚牧場の仙台牛は柔らかく胃もたれしません。わさび醤油でさっぱりいただくのもおすすめです。

主に首都圏へ出荷しシェフにも絶賛されている三塚牧場の仙台牛、ぜひ一度食べてみたいですよね!

▼詳しくはこちら
三塚牧場の仙台牛 サーロインステーキ 200g×2枚 -さとふる

宮城といえばササニシキ・【平成30年産】白石産 ササニシキ 精米12kg

(参考:【平成30年産】白石産 ササニシキ 精米12kg[4206-53] | さとふるより)

寄付する自治体 宮城県白石(しろいし)市
対象寄付金額 20,000円
原産地 宮城県白石市
内容量 ササニシキ精米 12kg
賞味期限 お早めにお召し上がりください
発送方法 常温便
発送時期 2018年10月11日~2019年6月10日
提供元 小十郎の郷
申込受付期間 2018年10月1日~2019年5月31日
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

「ササニシキ」は、宮城県で作られている代表的なお米です。あっさりした食感と飽きの来ない甘みが特長で、どんな米料理にも合うことで人気があります。

宮城県は、米の栽培に適した沖積平野が広がり、早くから米どころとして知られていました。特に県の中南部では稲作が盛んで、白石市は蔵王山麓の地下から湧き出る豊かな水を活かしておいしいお米が作られています。

今回のお礼品は、白石市の生産者による米プロジェクト「畔かえる」の平成30年度産新米です。代々農業を営んできた生産者が、受け継がれてきた田んぼで丁寧に栽培しました。

ササニシキは低温管理し、申し込みがあってから精米して届けるのでとても新鮮です。和食に合うほか、粘りが少なくほぐれやすいので、カレーライスや丼もの、お寿司にも合いますよ。

コシヒカリに並ぶと称されるササニシキの味をぜひお試しください。

▼詳しくはこちら
【平成30年産】白石産 ササニシキ 精米12kg[4206-53] -さとふる

鮮度抜群のお刺身をご家庭で!【ベテラン買付人厳選】気仙沼お刺身セット

(参考:【ベテラン買付人厳選】気仙沼お刺身セット| お礼品詳細 | ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県気仙沼(けせんぬま)市
対象寄付金額 20,000円
原産地 宮城県気仙沼市
内容量 4~5種の刺身用柵
(季節により魚の種類が変わる場合があります)
消費期限 3日間
発送方法 クール便(冷蔵)
発送時期 準備でき次第、順次発送
提供元 うまい 三陸!気仙沼お魚いちば
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

三陸は世界でも有数の漁場。暖流と寒流がぶつかる三陸沖はさまざまな魚が集まり、複雑に入り組んだリアス式の三陸海岸は波が浅く、養殖などの沿岸漁業に適した環境となっています。

三陸海岸には複数の良質な漁港が集まり、中でも気仙沼漁港は東北一の水揚げ量をほこります。特にサンマ、マグロ、カツオの水揚げが盛んで、市場には水揚げされたばかりの鮮度抜群な魚が並びます。

気仙沼港にある「気仙沼お魚いちば」からは、ベテランの買い付け人がその道30年の目利きで厳選された旬の鮮魚をお届けします。魚の種類は季節によって変わるので、何が届くかはお楽しみ。

食べやすい柵(さく)に加工してあるので、ご家庭ではそのまま切り分けるだけで、おいしいお刺身や海鮮丼が召し上がれます。寄附で気仙沼を応援しながら、新鮮で身もプリップリなお魚を味わってみませんか。

▼詳しくはこちら
【ベテラン買付人厳選】気仙沼お刺身セット- ふるさとチョイス

高級珍味「海のパイナップル」が試せる!朝獲り蒸ほやセット

(参考:朝獲り蒸ほやセット | お礼品詳細 | ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県東松島市
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県内
内容量 蒸しほや100g×6P
賞味期限 180日(要冷凍)
発送方法 クール便(冷凍)
発送時期 決済から14日前後
提供元 高橋徳治商店
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

宮城県はほやの生産量が日本一。石巻、気仙沼、女川などで盛んに養殖が行われています。

東日本大震災によって一時は出荷が難しい状態となりましたが、復興事業によって再び品質の良いほやが出荷できるようになり、震災前よりも出荷量が大幅に伸びています。

ほやはその形から「海のパイナップル」と呼ばれ「甘味、塩味、旨み、酸味、苦味」と磯の香りを持つ高級珍味として知られています。鉄、亜鉛、タウリンなどが豊富で滋養もたっぷり。

明治38年から石巻で営業してきた「高橋徳治商店」は、被災で工場を失いましたが、東松島市にて運営を再開、朝獲りした生のほやをその日のうちに処理し、甘みと旨み、歯ごたえのある「蒸しほや」を製造しています。

ほやを食べたことのない方も多いと思いますが、初めてでも食べやすく加工してあるので、試してみたい方にぜひおすすめです!バターソテー、酢の物がおいしいですよ。

▼詳しくはこちら
朝獲り蒸ほやセット -ふるさとさとチョイス

最高級品のふかひれを贅沢に姿煮で!気仙沼産ふかひれ姿煮(中華味)

(参考:A073 気仙沼産ふかひれ姿煮(中華味) | お礼品詳細 | ふるなびより)

寄付する自治体 宮城県多賀城(たがじょう)市
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県気仙沼市
内容量 ふかひれ姿煮(中華味)160g
※(固形量約25g~30g)×3パック
発送方法 クール便(冷凍)
発送時期 申込・入金から約2ヵ月
提供元 (株)かね久
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

ふかひれは中華料理でおなじみの高級食材。気仙沼漁港の近くに位置する多賀城市からは、最高級品として名高い気仙沼産のふかひれを贅沢な姿煮にしてお届けします。

日本は有数のふかひれ生産国であり、気仙沼のふかひれは生産量、質ともに日本一をほこります。

ふかひれは、サメの背びれや尾びれを乾燥させたもの。高級品ゆえ丸ごと使った料理は簡単に手が出せるものではなく、手ごろな値段のふかひれ料理は、ほぐした身を少量使ったり、エイのひれや春雨などを代替品にすることが多くなっています。

今回のお礼品は、気仙沼産の厳選したふかひれを料理人が中華風に味つけしているので、袋のまま湯煎するだけで、本格的なふかひれの姿煮が賞味できます。

「ふかひれ姿煮あんかけ麺」「ふかひれ姿煮あんかけチャーハン」も、ご家庭で手軽に楽しめますよ。中華料理店でしか味わえないあの味をぜひご賞味ください!

▼詳しくはこちら
A073 気仙沼産ふかひれ姿煮(中華味) -ふるなび

駅弁でも人気の宮城県名物!【おしか商店】はらこ飯のもと(約4~5人前)

(参考:[№5921-0092]【おしか商店】はらこ飯のもと(約4~5人前)| お礼品詳細 | ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県亘理(わたり)町
対象寄付金額 15,000円
原産地 宮城県内
内容量
  • いくら(味付け) 約150g
  • 鮭の切身 約350g
  • 米 4合、専用つゆ 100ml

※9月上旬頃~1月下旬頃までは鮭のあらが付きます。
(あら汁用 約150g)

発送方法 クール便(冷凍)
提供元 おしか商店
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

駅弁でも大人気の「はらこ飯」が手軽に作れる「はらこ飯のもと」です。

はらこ飯は、ご飯の上にはらこ(鮭の卵)を乗せた宮城県の郷土料理。地域によって特徴は少し異なりますが、有名な亘理町のはらこ飯は、鮭の切り身を煮た汁でご飯を炊き、その上にはらこと鮭の身を乗せるのが特徴です。

亘理町のはらこ飯は、阿武隈川で鮭の地引漁が盛んに行われていたことがきっかけで発祥しました。伊達政宗公が訪れたときにも、はらこ飯が献上されたといわれます。

70余年「亘理の味」を引き継いできた「おしか商店」のはらこ飯は、2013年に行われた「元祖はらこめし味くらべ 総選挙」でグランプリを受賞した逸品。

オリジナルレシピが同梱され、お好みの味に調節して調理することができます。また、はらこ飯に欠かせない「あら汁」用のあらもつくので、本場の味が楽しめます。(季節限定)

他の地域ではなかなか目にすることのないはらこ飯を、ぜひ一度お試しください!

▼詳しくはこちら
[№5921-0092]【おしか商店】はらこ飯のもと(約4~5人前)- ふるさとチョイス

港町のソウルフード!気仙沼ホルモン ほんちゃん みそ塩食べ比べ 合計4パック

(参考:気仙沼ホルモン ほんちゃん みそ塩食べ比べ 合計4パック【気仙沼ソウルフード】 | ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県気仙沼(けせんぬま)市
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県気仙沼市
内容量 気仙沼ホルモンほんちゃん

  • みそ味(500g・300g)×各1パック
  • しお味(500g・300g)×各1パック
消費期限 製造日より180日
発送方法 クール便(冷凍)
発送時期 順次発送
提供元 有限会社ミートよねくら
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

気仙沼ホルモンは戦後から気仙沼市で愛されてきたソウルフード。その元祖「ミートよねくら」の「気仙沼ホルモンのほんちゃん」が気軽に楽しめます。

気仙沼ホルモンは、味噌にんにく味のたれで炭火焼きした豚のホルモンにたっぷりのキャベツを添えて食べる、気仙沼独自のホルモン料理です。

食肉処理場から出るホルモンを使ったまかないから発展したもので、韓国の人から教わった味噌にんにくの味つけが好評だったことから、現在の味噌にんにく味の気仙沼ホルモンが定着しました。

近くに日本有数の漁港があり、漁船員の健康を気づかって千切りキャベツをたっぷり添えるようになったのだそうです。

ミートよねくらの気仙沼ホルモンほんちゃんは、食欲をそそる秘伝の味噌にんにくタレとゴロゴロ入った部位のおいしさが楽しめ、思わずご飯やビールが進みます。

しお味は、ホルモンの旨みを引き立てる塩こしょうのシンプルな味付け。是非食べ比べてみてください。

▼詳しくはこちら
気仙沼ホルモン ほんちゃん みそ塩食べ比べ 合計4パック【気仙沼ソウルフード】 -ふるさとチョイス

いちご狩りで食べる甘~いいちごをご家庭で! 山元いちご農園朝採り完熟いちご もういっこ4パック

(参考:山元いちご農園朝採り完熟いちご もういっこ4パック| お礼品詳細 | さとふるより)

寄付する自治体 宮城県山元(やまもと)町
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県山元町
内容量 いちご「もういっこ」 1.1kg(4パック)
賞味期限 出荷日+3日
発送方法 クール便(冷蔵)
発送時期 申込みから1週間程度
提供元 山元いちご農園
申込受付期間 2018年12月1日~2019年3月26日
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

山元町が春にお届けするお礼品は、いちごの生産・販売、いちご狩りを運営している「山元いちご農園」の完熟いちご「もういっこ」です。

宮城県は、国内でも屈指のいちごの産地。主に作られているのは、国内で最も栽培されている「とちおとめ」と宮城県産品種の「もういっこ」です。もういっこは平成20年にデビューした宮城県産の品種で、大きくすっきりした甘さが特徴です。

特に県南東部にある山元町、亘理町でいちごの栽培が盛んに行われており、震災後に新たな生産者が増えたことから、農園は活気にもあふれています。

山元いちご農園では、ハウス内で真っ赤に完熟したもういっこを朝採りし、新鮮なうちに送っているので、一般的ないちごとは甘さも違います。

「もう1個」と手が出てしまう、いちご狩りで食べるあの甘さがおうちでも楽しめますよ。

▼詳しくはこちら
山元いちご農園朝採り完熟いちご もういっこ4パック – さとふる

「三大仙台名物」のスイーツ・ずんだ餅4箱入り

(参考:[№5706-0026]ずんだ餅4箱入り | お礼品詳細 | ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県涌谷(わくや)町
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県内
内容量 ずんだ餅5個入り×4箱
賞味期限 12か月(要冷凍)
発送方法 クール便(冷凍)
発送時期 申込・入金から約2ヵ月
提供元 (株)かね久
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

牛たん、笹かまぼこと共に「仙台三大名物」と呼ばれる「ずんだ餅」のお礼品です。

ずんだ餅とは、すりつぶした枝豆に砂糖を加えた「ずんだ」をお餅に乗せた、ひすい色も鮮やかな和菓子のこと。宮城県を中心に東北地方南部に伝承されています。

ずんだの語源は、豆をつぶすという意味の「豆打(ずだ)」から来たもの。伊達政宗公がおさめる仙台藩では、太刀で枝豆をすりつぶしていたとも言われ、お盆の郷土料理として親しまれてきました。

桶屋町に本社を持つ菅野食品のずんだ餅は、宮城県産米ミヤコガネ100%で作ったお餅に、ずんだをからめ風味豊かに仕上げています。もちもちした生地の上にしっかりした甘みのずんだがたっぷり乗って、食べごたえも満足できますよ!

解凍するだけで柔らかいずんだ餅が楽しめます。他の地域ではめったに見かけないスイーツです。寄附をとおしてぜひ賞味してみてください。

▼詳しくはこちら
[№5706-0026]ずんだ餅4箱入り-ふるさとさとチョイス

300年続く老舗の素朴な銘菓・仙台駄菓子箱詰(550g)

(参考:[№5791-0172]仙台駄菓子箱詰(550g)| お礼品詳細 | ふるさとチョイスより)

寄付する自治体 宮城県仙台市
対象寄付金額 10,000円
原産地 宮城県仙台市
内容量 550g
賞味期限 ゆべし10日間
駄菓子20日
あめ40日
からめ水飴2ヶ月
発送方法 常温便
提供元 有限会社元祖仙台駄菓子本舗熊谷屋
申込受付期間 通年
寄付証明書の送付時期目安 申込完了日から2ヵ月程度

「元祖仙台駄菓子本舗熊谷屋」は、元禄八年から300年を超えて伝統の味を伝え続ける、老舗の菓子店です。

仙台で作られる庶民的な和菓子は、仙台藩の伊達文化に始まって時代の流れと共に発達し、昭和30年以降になると「仙台駄菓子」と呼ばれるようになりました。

代表的なものには、あめ、ゆべし、きなこねじり、塩がま、うさぎ玉、マコロンなどがありますが、仙台和菓子は50~60種類はあるといわれ、他の地域にはない多彩なバリエーションも魅力のひとつとなっています。

元祖仙台駄菓子本舗熊谷屋は伝統の味と製法を守り、素朴な形や味わい、自然な風味が楽しめる駄菓子を作り続けています。また、全国大菓子博覧会や全国推奨観光土産品審査などの大会で数々の賞も獲得しています。

懐かしさを感じるオリジナルの箱には個装の駄菓子が詰め合わせてあり、一つ二つと手が伸びる楽しさもあります。ティータイムに、家族のだんらんにぜひおすすめです!

▼詳しくはこちら
[№5791-0172]仙台駄菓子箱詰(550g) – ふるさとチョイス

ふるさと納税を通して宮城の復興を支援しよう

宮城県といえば、三陸でとれる豊富な海の幸が大きな魅力です。お礼品でも、宮城県の鮮魚や水産加工品はとても人気があります。

また、仙台名物や宮城県の郷土料理は全国的にも知名度が高く、魅力的なお礼品がたくさんあります。

宮城県は、東日本大震災で最も多くの人的被害が出た地域ですが、平成32年までのプランで「宮城県震災復興計画」を企画し、現在は災害に強いまちづくり、農林水産業や商工業の再構築を進めているところです。

ふるさと納税の寄付をとおして宮城の復興支援をお手伝いする形も、ひとつの方法かと思います。関心のある方は、ふるさと納税で宮城県を応援していただけると嬉しいです。