所得税率を確認する方法

2017/01/05更新日

ここでは自分の所得税率が何%なのかを確認する方法を説明していきます。所得税率は収入から所得控除を差し引いた課税所得を Step.4 の所得税の速算表に照らし合わせて確認します。

Step.1 給与所得控除を求める

給与所得控除は一般的な会社員であれば、誰でも差し引ける控除です。1月1日〜12月31日の1年間に得た給与収入から以下の速算表を参考に給与所得控除を求めます。たとえば、額面の年収が600万円の会社員の場合、給与所得控除は「600万円 × 20% + 54万円」となり「174万円」になります。

平成29年分 給与所得控除額の速算表

給与等の収入金額 給与所得控除額
180万円以下 収入金額 × 40%、65万円に満たない場合には65万
180万円超 360万円以下 収入金額 × 30% + 18万円
360万円超 660万円以下 収入金額 × 20% + 54万円
660万円超 1000万円以下 収入金額 × 10% + 120万円
1000万円超 220万円

平成28年分までの給与所得控除については、国税庁のホームページで確認できます。

Step.2 所得控除を求める

所得控除とは納税者の生活状況や家庭環境などを考慮して、税負担をなるべく公平にするために設けられた制度です。各種所得控除の要件に当てはまる人は所得控除の額を差し引くことができます。

  • 家族構成:夫54歳、妻51歳(無職)、長女17歳(学生)
  • 年間収入:600万円
  • 控除項目:社会保険料支払額90万円、生命保険の支払額20万円、確定拠出年金の支払額27.6万円

上記の家族の場合、所得控除は以下の1から6の控除を合算した「235万6000円」となります。

  1. 社会保険料控除 90万円
  2. 生命保険料控除 4万円
  3. 小規模企業共済等掛金控除 27万6000円
  4. 配偶者控除 38万円
  5. 扶養控除 38万円
  6. 基礎控除 38万円

所得控除の種類や詳細については「所得税における所得控除の種類と金額」に記載しているので参考にしてみてください。

Step.3 課税所得を求める

額面の収入から先ほど計算した給与所得控除と所得控除を差し引いたものが課税所得になります。Step.2 の家族の場合、年収が600万円で給与所得控除が「174万円」、所得控除が「235万6000円」なので、課税所得は「600万円 – 174万円 – 235万6000円」となり「190万4000円」となります。

Step.4 所得税率を確認する

最後に所得税の速算表に課税所得を照らし合わせて所得税率を確認します。Step.2 の家族の場合、課税所得が「190万4000円」となるので、所得税率は「5%」となります。

所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 9万7500円
330万円を超え 695万円以下 20% 42万7500円
695万円を超え 900万円以下 23% 63万6000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 153万6000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 279万6000円
4,000万円超 45% 479万6000円