ふるさと納税のやり方、仕組み、活用方法、疑問を分かりやすく解説する初心者向け入門講座

ふるさと納税は実質2000円で高級和牛や新鮮魚介類、最旬果物、銘柄米などがもらえるお得な制度です。基本的に年収300万円以上の人はやらないと損です。ここではふるさと納税のやり方やお得な活用方法などについて徹底解説しています。

当サイトの更新情報

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税がはじめてという方向けに、ふるさと納税の仕組みやメリット・デメリット、申込み方法、手続きの仕方などを分かりやすく紹介しています。

ふるさと納税サイトの使い方

ふるさと納税はポータルサイトで行うのが簡単で楽です。ふるさと納税を申し込めるポータルサイトは10社以上あります。それぞれの特徴から自分に合ったサイトを選んでみてください。

ふるさと納税の上限金額

ふるさと納税には年収や家族構成に応じて寄附できる金額に上限があります。ここでは2000円の自己負担で済む寄附金額の計算方法や目安の金額を紹介しています。

ふるさと納税の手続き

ふるさと納税を行ったら、税金を控除(差し引く)してもらうための手続きが必要です。ここでは税金を控除してもらうための手続き方法や必要書類の書き方を紹介しています。

おすすめの返礼品と選び方

数十万点の返礼品の中からおすすめの返礼品を当サイト管理人がピックアップして紹介しています。どの返礼品を選べばいいのか分からないときは参考にしてみてください。

おすすめの返礼品と選び方の続きはこちら

ふるさと納税で得する方法

ただでさえお得なふるさと納税ですが、ひと工夫でもっとお得になります。ここではそんなお得ワザを紹介しています。

おすすめのふるさと納税サイト

ふるさと納税は基本的に、ふるさと納税のポータルサイトを通じて行うことになります。どこのサイトも同じと思ってしまいがちですが、それぞれ独自の特徴があります。

おすすめNo.1 さとふる

ネットショッピング感覚でふるさと納税ができるサイト。マイページ機能が充実していて、寄附履歴や返礼品の配送状況などが確認できます。電話で問い合わせができるコールセンターもあり、東京浅草の商業施設・まるごとにっぽんには「ふるさと納税コンシェルジュ」というふるさと納税の実店舗もあります。

公式サイト → さとふる

おすすめNo.2 楽天ふるさと納税

ふるさと納税の寄附が楽天市場での買い物と同様の扱いになり、楽天スーパーポイントが付与されます。スーパーポイントアッププログラム(SPU)も対象となるので、楽天カードだと5%以上のポイントを獲得できてお得です。寄附金にポイントを利用することも可能です。

公式サイト → 楽天ふるさと納税

おすすめNo.3 ふるなび

ふるなびは電化製品や商品券・ギフト券の取り扱いが多いのが特徴です。ふるなびグルメポイントというサービスもあり、寄附金額の30%分のポイントがもらえ、1ポイント1円として指定の飲食店で利用できます。また、2017年11月以降、寄附金額に対して1%のAmazonギフトコードがもらえるようになったのも大きなメリットです。

公式サイト → ふるなび

おすすめNo.4 ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは寄附申込累計が1500万件を超える日本最大級のふるさと納税ポータルサイト。全国1788すべての自治体の情報が掲載されていて、うち1329自治体はクレジットカード決済に対応しています。ふるさとチョイス限定の返礼品もあります。

公式サイト → ふるさとチョイス

番外編 noma-style.com

noma-style は福島県南相馬市が運営するふるさと納税サイトです。ファッションブランドのラインナップが豊富なのが特徴です。モコモコとした気持ちの良い肌触りのルームウェアを展開する「ジェラートピケ」やシンプルでお洒落なデザインの「プラスマイナスゼロ」の家電などが戴けます。

公式サイト → noma-style.com

番外編 ANAのふるさと納税

ANAのふるさと納税は寄附金100円につき1ANAマイルが貯まるので、ANAマイルを貯めている人におすすめのサイトです。支払いはクレジットカードのみで、Tポイントを支払いに充てることができます。とりわけ宿泊券が豊富にラインナップされています。

公式サイト → ANAのふるさと納税